クレジットカードの現金化の返済とは?

HOME » 現金化について » クレジットカードの現金化の返済とは?

クレジットカードの現金化の返済とは?

クレジットカードに付帯しているショッピング枠を現金に換えることができる便利なクレジットカードの現金化についてですが、クレジットカードの現金化によってお金を手にすることができたとしても、返済は必ず行わなくてはなりません。
この返済はどうやって行うものなのでしょうか。

まずクレジットカードの現金化の返済についてはクレジットカードの現金化業者に対して行うものではなく、利用したクレジットカードの発行元会社に対して行うものとなります。
というのも、クレジットカードの現金化というシステムについては、利用者側のクレジットカードのショッピング枠を使って業者に指定された商品を購入します。
そして、その購入した商品を業者に買い取ってもらう、もしくはキャッシュバック制度がついていてキャッシュバックにより現金を手にすることができるというものになります。

利用者側がクレジットカードで購入したのですから、クレジットカードの発行元会社からクレジットカードの現金化業者に対してお金が支払われます。
そしてそのお金をクレジットカードの発行元会社から来る請求に応じて支払いを行うことになります。
一括払いで商品を購入していた場合には購入金額のみを支払うことになります。
あらかじめ登録している銀行口座から決められている引き落とし日に引き落とされるということになります。
分割払いやリボ払いで購入している場合には、金利がかかるようになっています。

また現金化については商品購入代金と振り込まれる金額には差があります。
それが実質的な金利であり、分割払いやリボ払いで購入した場合には分割払いやリボ払いの金利と、クレジットカード現金化業者に支払う実質的な金利とダブルで金利の支払いの必要が出てきます。
分割払いやリボ払いの場合は決められた金額を毎月返済しなくてはなりません。
ですからクレジットカードの現金化についても計画的な利用が大切になってくるのです。