流行に関わらない話

近年、一番流行ってる作品の二次創作には『売名』『金目当』『同人イナゴ』といった不快感が、
描く側にも見る側にもつきまといやすいと考えています。

投稿した後に『え、今これ世間的に流行ってんの!?』と気づいたら、
利用者数の多いpixivとニコニコ静画からは絵を削除するくらい気を使っています。

単純に『目につきすぎてうっとうしい』と自分が感じるので、
自分が嫌なことは他人にしないってやつです。

あと、本当に好きな作品の絵を描いてるのに『あらぬ誤解』を受けるのを避けたいっていうのもあります。


でも、二次創作で売名や金儲けをすることには反対ではなかったりします。
単純に『てっとり早く見て貰えたり、お金になるなら、他人の作品を道具として利用する方が効率がいい』という考え方は不景気であれば最適解にも思えます。


私はオリジナルでやっているキャラクター表現やえっちなCG集を突き詰めるうえで、
二次創作に頼りすぎない方が、金とか閲覧数に目が眩んで能力が雑魚死していくことがなく、
作品の質が高まる可能性が上がると考えているだけなので、
普通に楽しく、人とつながって創作活動をしたい場合は二次創作をむしろやるべきかと。


それとは別に、商業を目指している人は過酷な流行戦争の中で勝たなきゃいけないので、
オリジナルよりもはるかにきつい二次創作活動してそう……とも思ったりします。