足でマウス操作ができるんじゃないか説

今まで右腕の負担を減らすために、
左腕にマウス操作や一部のイラスト作業、作曲などを任せていました。


2016年に入って腕が作業の負荷に耐えられない状況が増えてきたので、
足でのマウス操作をできるようにならざるを得なくなりました。


いろいろ試した結果、
椅子に座った状態での操作なら何とかなると感じました。
zk20161112.jpg



写真のような配置で、左足がマウス操作、
右にフットスイッチを置いて、左右のクリックとスペース(下スクロール)。


これでブラウザやフォルダ操作は何とかなります。
shadowverseのようなゲームも足マウスで遊ぶことができました。


ただ、足に細かな力を入れることが求められるので、
慣れないうちは筋肉に疲れを感じました。


少し慣れた段階で、ペン入れ操作(簡易)や作曲作業ができるようになったので、
上達すれば左腕の負担を大幅に減らせそうです。


そんなわけで、腕の神経疲労対策として『足でのマウス操作』に可能性を感じました!
音声認識と組み合わせて作業するとさらに腕の負担を減らせるので参考にしていただければ!


カラダがモチベについて来なくて困ってる人は多いと思いますが、
お互い頑張っていきましょー(>_<)



※机をもっていないので押し入れを机がわりにして、
 テーブルを逆さにして毛布などで高さ調整。
 椅子には座布団を巻き付けて腰と背中を痛めないようにしています。

 使ってるフットスイッチはこれ。




2016/12 追記


 1か月ほど練習した結果、足でのマウス操作は「あり」です!
 両腕の負担が大幅に減って、作業効率が劇的に改善されました。
 
 ただ、それでも長い時間描いているとやっぱり腕の神経に疲労がたまっていくことに変わりはないので、
 現在グリップやダンベルによる腕の筋力強化に挑戦しています。

 『毎日やってるウォーキングのおかげか、足でのマウス操作で神経が疲労することがない』ので、
 筋肉をつければ腕の神経疲労を抑えられるのではないかと予測しています。

 加えて食事の量を増やしました。
 恥ずかしながら細腕なので、肉と脂肪をつけて、
 それが腕の神経疲労対策として効果が出ることを期待するばかりです。