レイン

プロフィール


レイン

 魔物と人間のハーフ。

 魔物を労働者として受け入れていた国で産まれ育ち、
 血液に興味を持ったことをきっかけに医師になることを目指す。

 が、『魔物だから』という理由で医師になる道を閉ざされた。

 その国の法律では『魔物が医師になることは可能』だったが、
 圧倒的多数の人間である国民が、

 『魔物なんかに自分の身体を診てもらいたくない』

 という考えであったため、
 『医師になりたい』と言葉にするだけでレインは周りから白い目で見られた。

 医大の入試では面接であからさまに嫌な顔をされ、入学して学ぶことさえ叶わなかった。

 子供のころからの夢は十数年、社会に嫌われたまま潰えた。
 その後レインは人間生活を捨て、魔物としての単独行動を決意する。

 『合法で無理なら、非合法で勝手にやるのさ……』



思想:安楽提供


 レインの医師としての活動は『安楽死の提供』が主である。

 もともと魔物であることもあってレインは体内で『複数種類の毒』を生成/複合/調製でき、
 自身の爪から他の生物に対して採血や輸血を行うことができる。 

 その特性を活用して人間に安らかな死を提供し、
 死後の肉体を食らうことで野生生活を成り立たせている。

 多くの国家で安楽死が非合法または議論の最中であるからこそ、
 安楽死が合法の国への渡航や費用が必要ない『レインの安楽死』は、
 『死を願う者』の心を揺さぶる。

 彼女の安楽死には理由も条件も必要ない。
 『死にたいから死ぬ』を許してしまう。
 そんな望みを叶えてしまう。

 医師としてのレインは『安らかな死の提供もひとつの救済』と認識している。