如月千早

プロフィール


如月千早
 
 弟を魔物に殺された経緯を持つ少女。

 弟に誓って自分は幸せにならなければならないと考えており、
 暗くなる気持ちを乗り越えて明るく生きようと勤めている。

 使用武器は刀。

 魔物退治や用心棒などが得意業務であり、
 万事屋765では重宝される働き手の一人。


 歌も得意なため、
 近所では『歌のおねえちゃん』として子供達から好かれている。
 
10歳以下の少年に懐かれると心が躍ってしまい、
 弟のように可愛がるクセがある。

 本物の弟を失ってしまったからこそ、
 もう二度と失わないために、
 千早は剣技を磨き魔物退治に勤しむ。



思想:残虐気質


 弟に誓って、如月千早は幸せでなければならない。
 『幸せが崩れる』ことに対して如月千早は冷徹に憤慨する。

 必要ならば、躊躇いなく人も殺す。
 誰かの幸せを奪うことは死を覚悟するべきことであると千早は考えている。

 魔物による人の殺害が『人を食って自身が生き延びるという自然の摂理』だとしても、
 人間が『言葉と感情を持って社会生活を営み、その中で同胞を大事にしたいという気持ちもまた摂理』であるため、
 摂理の激突はどちらかの死によって成り立たざるを得ない場合があると認識している。

 魔物を弟を殺され、両親にはその責任を問われて人殺し扱いされ、
 故郷も帰る場所も失ってしまった経験があるからこそ、
 生存競争に関して千早は『弱肉強食』の考え方をする。

 それが如月千早の残虐気質(ブラッディマインド)である。