四択対戦ゲームの設計について

起動→最速メニュー画面。二回目の起動からは自分のメインキャラが表示される


 『OP』や『スタート画面』をカットすることで効率良く遊べるようにしています。
 自分が遊ぶ時にも無駄な手間と時間を削りたいため、とてもお気に入りの仕様。

 同じように対戦終了からの再戦もすぐにできるようにしています。



CPU戦/対人戦/ネット対戦


 現状は『一人用を充実させる目的』でCPU戦をメインに制作しています。

 対人戦やネット対戦はいまのところおまけとして用意している程度。
 人口が増えたら気を配るかも。



1ターン15秒にしている理由


 即断即決で自分の読み合いと心中しよぉ……(ねっとり)。

 『与えられた時間で何を考えるか? 画面のどこを見るか?』
 というのはプレイヤーの個性が出る部分でもあります。

 私は初手で相手キャラの敏捷値を確認してたりします。
 覚えてるときはおっぱいを見て和んでます。



1戦最大9ターン。最速1ターンになることも?


 対戦ゲームとしてお手軽なものにしたかったための仕様。

 その反面、20分くらいで飽きちゃうようなシンプルさではありますが、
 ちょっとした息抜きで気軽に対戦を楽しみたい人にはオススメ。



覚えることが少ない


 1キャラあたりの技数を4つにすることで、
 自分と相手のキャラ性能をささっと把握できるようにするのが狙いです。

 詳細データ→CPUの戦略のところには色々と書いていますが、
 あれはあくまで『こういう考え方で技を選ぶことも出来るよ』って話でしかないので、
 自由きままに、自分の考え方と理屈で技を選んでいこう!



技のアニメーションは15F以内(1F=1/60秒)


 技の演出が長いと遊んでで萎えるので、技演出は15F以内を目安にしています。
 一部演出が21Fになっているものがあるので、今後の更新で演出の最適化を目指します。



専用の戦闘BGMは『Aメロ、Bメロ、サビでループ』


 1戦が短いことと、音データが容量を食うこと、私がラクをしたいことから、
 オリジナルBGMは全て『Aメロ、Bメロ、サビ』というシンプルな作りにしています。



操作は十字キー、決定、キャンセルの三種類のみ


 ファミリーコンピュータのようなカンタン操作で表現できる遊びに無限の可能性を感じているからこその仕様。
 最低限にして最大級の機能美に心が痺れるんですよね。

 どのボタンで何ができるかを手早く理解できるのも利点。



RPGツクールVXAceで制作している理由は多くの環境でゲームが動作するから


 多くの環境で動くというのはとても大事なことだと考えてます。
 ちょっと古いPCにも優しいのがツクールのいいところ!


ジュリア

プロフィール


ジュリア

 手違いでアイドルになってしまったパンクな少女。
 パンクロックが好きなだけで、不良でもなければ悪でもない。

 周りにとぼけた友人が多く、ツッコミスキルが日に日に成長している。

 「あたしはクールを売りにしたいんだよ!」と言っても、笑いが生まれる程度にはツッコミ役としての立ち位置が確立されている。







独創術技


◇◇◇Punkish Beat◇◇◇
 気合の入った拳撃で敵の強化を解除する。
 自分自身の肉体が魔法を受け付けないことを応用した技。


◇◇◇RockStar Rush◇◇◇
 怒涛の十二連撃を放つ。




思想:真向勝負!(Straight Fight)


 この世界のジュリアは『生まれ持った肉体が魔法を使えない』ように出来ている。
 この現象は彼女だけに起きているものではない。

 科学的に解明されてはいないが、
 『生まれながらにして魔法という超常現象と縁がない』人間が幾人も発見されている。


 ジュリアの場合は、魔法を使えないが、
 『逆に魔法が通じない』という現象も確認されているため、
 彼女はこれを活かした『Battle』を行う。


 強化なしの真向勝負。
 物理攻撃と格闘技、人間本来の肉体で殴り合うのがジュリアの戦闘スタイルだ。


輿水幸子

プロフィール


輿水幸子

 自称カワイイ少女。
 自己主張が激しいが、憎めない性格をしており、いじられキャラの地位を確立している。

 カワイイというよりも面白いというイメージが定着しており、それを払拭するのが最近の課題。









思想:King Of Cute


 輿水幸子は自分が一番カワイイと信じて疑わない。
 この世で、この星で、人類史上で誰よりもカワイイのが輿水幸子であるということを、
 『全ての存在に認めさせたい』と思っている。

 いわゆる自己顕示欲のようなものであるが、
 幸子は「ボクが誰よりもカワイイ事、それを顕示するのは当然ですよね!」と考えているので、


 「カワイイボクのカワイイ自己顕示欲。本当にボクってカワイイですね!」


 とアピールを続けてやまない。