春魂Ver0.04 更新内容

キャラクター関連


◇◇◇キャラクター◇◇◇
 天海春香(ゼノグラシア)参戦!
 神崎蘭子(シンデレラガールズ)参戦!
 桜井夢子(ディアリースターズ)参戦!

 春閣下:独創術技『a priori』の効果で味方全員の戦闘不能を回復できる。
 春閣下:装備『蒼い腰巻』魔法力+10→+30(敵になった場合のステータスにも反映)
 春閣下:装備『閣下のリボン』魔法力+10→+20(敵になった場合のステータスにも反映)
 高槻やよい ステータス設定 運-20%に修正。



◇◇◇グラフィック◇◇◇
 春香、伊織のπタッチイラスト追加。
 伊織、真美、あずさ、愛、絵理、涼、夢子、悪徳のフェイスグラフィックを追加。



施設・事務所関連


事務所:雑務屋876就職/便利屋961に就職可能。
施設:ナジミの塔を追加(アリアハンを出て左の塔)



職業修正


武闘家からマッスルダンスを削除。

軽業士にマッスルダンスを追加。
軽業士にスキルタイプ『Dance』が追加。

戦士:魔法盾、重装魔法防具装備可能に。



術技追加


◇◇◇弓◇◇◇
 弓技の会心設定を『なし』→『あり』へ
 弓技『連射』を追加
 弓技のアイコン修正
 弓撃(鉄)にスタン効果(25%)追加。



◇◇◇呪文◇◇◇
回復呪文 ベホイム 追加
火属性呪文 メラガイアー  ギラグレイド イオグランデ 追加
氷属性呪文 マヒャデドス 追加
風属性呪文 バギムーチョ 追加
闇属性呪文 ドルマ ドルクマ ドルモーア ドルマドン 追加

※↑呪文追加によって、各職業の『呪文を覚えるレベル』が変更。



◇◇◇スキルタイプ◇◇◇
『Visual』『Dance』『Vocal』追加。
 一部のアイドルキャラクターのみ使用可能。
 以下、追加した特技名。

●Visual特技
 ノーマルアピール、バーストアピール、思い出アピール(項目のみ)

●Dance特技
 死の踊り、マッスルダンス、マホトラ踊り、
 不思議な踊り、メダパニダンス、ハッスルダンス

●Vocal特技
 呪いの歌、戦いの歌、漣の歌、魔封じの歌
 安らぎの歌、目覚めの歌、精霊の歌、天使の歌


※今のところ、響の『TRIAL DANCE』、やよいの『スマイル体操』などはアイドル固有のモノということで、ViDaVoに分類せず、独創術技として設定しています。



術技修正


 ザオリクで回復拒絶を解除できる。解除できる確率は以下の通り。
 Lv1 100% Lv2 80% Lv3 60% Lv4 40% Lv5 20%

 爆裂拳→一撃あたりの威力 ATK*2→ATK*1.2
 剣の舞い→一撃あたりの威力 ATK*2→ATK*1.2

 ザキ、ザラキ、ザラキーマ:現在HP→最大HPの○○%を削る仕様に変更。



その他


◇◇◇システム全体◇◇◇
世界樹の雫:7500G→10000Gに価格改定
名前入力:8文字まで対応。
誤字脱字の修正数点。
その他細かいバク修正数十点。



◇◇◇ボスラッシュコーナー◇◇◇
・入場料5000Gが必要になりました。
・LV99で入ると、『出たときにLV98になる』エラーを解消。
・貴音、夢子、ゼノ春香、蘭子、あずさ、律子、美希、『---』を仲間にできる。
・閣下とゆっくりはるかっかの入れ替えエラーを解消。
・アイテムショップが無料→他の店と同じ値段に。



◇◇◇転職システム◇◇◇
・一部の職業で起きる転職時レベル変動バグを修正。
・転職時のHP変動を適正化。




春魂の世界観について

設定などの簡素化

◇◇◇2008~2013まで◇◇◇
 ・アイマス×銀魂×ドラクエⅢの要素を含んだ二次創作として動画、イラスト、ゲームを制作。
 ・動画は10分越えや長編を複数制作。
 ・細かい設定がそこそこあった。
 ・一部キャラクターの性格が原作とかけ離れ過ぎていた。
 ・初期は下ネタが多々ある。中期以降、徐々に減少。


◇◇◇2014/1~2014/9まで◇◇◇
 ・銀魂の要素を『万事屋設定』のみ残し、衣装をアイドルマスターの公式に準拠したものに変更。
 ・DQⅢの世界観を引用→ファンタジーの世界観に徐々に移行。
 ・動画は3分程度の短編を中心に制作。
 ・設定などは動画内であまり掘り下げない、忘れても良いレベルに抽象化、簡略化。
 ・キャラクターの性格をできるだけ原作に近づけるようにじわじわと修正。


◇◇◇2014/10~◇◇◇
 ・テキスト表現に関して『短編3分をさらに凝縮して単発の会話とかネタ発言などの10秒程度で消費し終わる』ものが良いという考えに至ったので『ニコニコ動画:novelsm@ster』の投稿を終了してイラストやゲームを中心に制作。 
 ・世界観を甘く優しい感じに修正中。
 ・悪意が強いのはオリジナルの方へお引越し。



ねらいと目的


・『面白さ』や『本質』を凝縮した作品作りをする。
・表現における効率と実用性の追求を行う。
・個人制作だからこそできることがまだまだたくさんあるので、色々試したい。

星井美希

プロフィール


星井美希

 槍使いの少女。
 戦闘能力や美貌に長けているが、仕事をめんどうくさがる傾向にあり、その真価を見る機会は少ない。

 おにぎりなど、美希が好む物で釣らないと、本当に何もせずに寝ている。

 城ヶ崎美嘉や所恵美らとファッションやコスメの話をするときはとても活き活きしているらしい。






専用装備


◇◇◇誘惑の槍◇◇◇
 誘惑の剣の刀身を加工して槍にしたもの。
 色合い、弾いた時の音、心理への強制不安作用効果など、相手を混乱に陥れるための仕組みが組み込まれている。




独創術技


◇◇◇混乱(物理)◇◇◇
 人輝崇拝編にて善永に放った技。
 敵のこめかみに全力の握りこぶしを叩き込み、敵を混乱(正しくは昏倒?)させる。



思想:自望自輝 (future star) 【人輝崇拝編以降】


 自ら望んで、自らを輝かせるという意思の表れ。
 もう一度アイドルを志すという決意の証。

 この世界の星井美希は12歳の時に『テドン村襲撃事件』というトラウマを負い、『敵に対して無慈悲』になってしまった。
 テドン村を失い、母国ポルトガの人には売国奴と罵られ、石を投げられ、居場所を失なっていく過程で、アイドルになる夢も諦めてしまった。

 ただひとつ、恩師オルテガの言うとおり、『被害者ぶらない』ことだけを当時の美希は守ることができた。
 笑顔を絶やさないことだけは貫いた。
 しかし、それは張り付いた笑顔でしかなく、清々しさがなかった。
 『敵意へ反撃、即殺』への躊躇いが一切なくなってしまった。


 人輝崇拝編を通して、考えを改めるきっかけを得たことにより、美希は『清々しく笑う』ことを自身の精神の成長とともに手に入れる。もう一度アイドルになろうと決意する。

 消極的な精神が作る笑顔ではなく、輝くことを求める積極的な魂からの笑顔を、星井美希はすることができるようになった。


 ※敵意への対処については思想到達後も大差はないが、『比較的敵意の薄い、弱すぎる相手』を無慈悲に即殺することはなくなった。『殺すべき敵へのしかるべき無慈悲』は下すべきと考えているので、美希の前で下衆な事をしてはいけない。