進化する神経疲労対策

毎日確実に作業進め、かつ腕に疲労を感じさせないようにするために、
『今日は右手、明日は左手で作業を行う』ようにしました。

こうすると『片方の腕には1日休憩を与えることができる』ので、
疲労が蓄積する可能性が薄まります。

ただ、今までと比べて1日当たりの片腕の負担が増えてしまっては神経疲労対策として意味がないので、
私の場合は『10分イラスト作業、30分~60分その他の作業』を繰り返してます。


これで痛み続けた腕が回復しつつあるのでオススメ。

次の日の朝、腕に痛みがないというのは本当に幸せなことです。



その他の作業/人によって腕を補助するための作業が違うので、参考までに


イメージトレーニング(何もせず寝る)。
音声認識で文章作成、イラスト資料の整理。
足でペン入れ作業や簡易色塗り、作曲、ゲーム制作やバランス調整。
血液循環を目的とした散歩。特に理由のない腹筋。

ブロック禁止縛り

各レア代表戦の息抜きにやって、砂漠越えできることがわかりました。


aigis_nb_170606.png


もちろんトークンでのブロックも禁止なので、
砂漠ではデモンサモナーが必須。

ラピス様だけだときつかったのでヴェルティさんを投入。


aigis_nb_sbkge1.png


基本編成はこの通り。アイシャちゃん(チケットでお迎え枠)に甘えるくらい許されるよなぁ!?


ハルカさんの風が敵をブロックせずに移動速度を下げてくれるのと、
編成人数に制限がないため、
攻略は各レア代表戦よりもハルカに簡単。


ただ、風神、雷神、手斧のあたりはいまのところ無理そうな気がしてならない。
動画王子たちの攻略を参考に、じっくりイメージトレーニングしてみようと思います。


17/6/10 追記:風神が辛いんだよなぁ!? それ以前に追加ストミがクリアできない; ;

MP回復技禁止/ver0.6時点

mtg_nmp_v0_6_2.png



フィニィちゃんが大活躍でした。
防御して爪かブレスで特に困ることなく敵を撃破。

逆に『反撃技や反射技にMP回復がついてるキャラ』は扱いに困りました。


そんな感じで『クリアできるメンバーを思いつけるかどうか』の部分が楽しいので、
『フィニィ使用禁止』で攻略してみるというのもオススメしたいところ。

やっと特装版が買えたので




地元経済が潤って欲しいので、
アマゾン禁止縛りで小説版を買うようにしてるのですが、
特装版が置いてなくて困ってました。

で、たまたま立ち寄った大型書店で見つかったので 4~7巻まで一括購入。
これでようやく青のみ編成ができる!


aigis_nv170531_2.png


……人数……たりゃん(・ _ ・ ;)


漫画とかキャラプロもシリアルコードついてたと思うので、
有効期限大丈夫そうなのを調べてみるです。

ウチの寝室事情

aigis_otnphouse1.pngaigis_otnphouse2.png


ポーラちゃん、CCLv1、好感度MAX……あっ(察し



こんな性癖のもと、現在はマーヤちゃんに魔の手を伸ばしているところ。



maya1_fix.png


ここ、とても汎用性が高くて好き。
王子が気が確かなわけないだろ!

各レア代表戦

『各レアリティから1ユニットずつ代表者を選んで戦う』という遊び方にハマっています。


aigis_al170601.png



いまのところ以下のトークンが活躍中。

ハルカさんの風:近接範囲攻撃+移動速度減 遠距離攻撃に対して避雷針
ローリエちゃんの草:回復(未覚醒なので配置時の回復量は300、配置後190、大英雄王子で229、ラピススキル点火で285)

ともに低コストで運用できるのが強み。

二人に頼って攻略を進めた結果、
オアシスに迫る危機あたりから試行回数が増えて、
覚醒王子やアイシャを出したりと余裕がなくなってきました。

ここからが本番。まずはローリエちゃんを覚醒させて風神退治。



風神退治が結構ぎりぎりだったので追記


aigis_ar_fjtg_1.pngaigis_ar_fjtg_2.png


配置の順番はリアナ、ミランダ、王子、フーリ、ローリエ、
フーリのとなりに草、リアナの右下に草、
ハルカ、風、風、風で下限であればコスト的には間に合う。

ただ、風神用の対空はフーリ、ローリエの二人に任せることになるので、
スキルレベルMAXで、ローリエは覚醒していないと火力不足で大変。

右画像のようにローリエちゃんを草で囲めば風神の攻撃を耐えられるので、
後はスキル点火のタイミング次第。


雷神襲来突破


aigis_all_rarity_rzsr1.png


この遊び方で現状、最もトークンユニットの運用力を試されたMAP。

ハルカさんの風とローリエちゃんの草もスリップダメージを受けてしまうので、
敵の移動速度を下げる風を『敵が通過していないタイミングで交換』したり、
数が少ない回復の草を『最後の雷神受け用に取っておかなければならない』など、
攻略としてやりがいがありました。

動画投稿者王子などは、撮影しがいがあるんじゃないかなーと。

さぁ、次は魔法都市にカチコミじゃぁあああ!!!


鋼鉄の手刀


aigis_al_kts1.png


こんな感じの配置で、
途中左側に鉄銅メイジを置いたりしました。


鋼鉄の手斧


aigis_al_ktt1.pngaigis_al_ktt2.png



この編成で手斧持ちが倒しきれないところまで到達。
左は長時間の餅つきでなんとかなる。

ハルカさんを覚醒させてから再挑戦の予定。



小説版 白の帝国編/ネタバレなし

1巻を読み始めて一気に2巻まで駆け抜けたので雑記。


170427_aigis.jpg


夢中になって読んでしまった理由として、
常に緊張感のある展開が、
簡潔な文章でテンポ良くつづられていたというのがあります。

実力主義の帝国。
その頂点に立つ皇帝(主人公)には、
無駄のないモノの考え方、適切な状況判断が求められる。


だからこそ、表現する作者にも文章力が必要。
かつ、千年戦争アイギスを遊んでいる『ユーザの年齢層に合わせた、エンターテイメントとして適切なシナリオの重さと言葉選び』も考えなければならない。

で、それが最適解でできていると感じたからこそ、夢中になって読んでしまった。
綺麗事は要らない。強く生きる人間の考え方と立ち回りに心が焦がれる。
超おすすめな一冊です。

千年戦争アイギスということを抜きにしても面白いと思えたところに、
作家の職人芸ってすげーんだなぁって感動します。


ちなみに緊張感が続く展開の息継ぎとしてお色気要素があるのですが、
基本的に『おっぱいに関する描写』だったので大満足でした。

無口な皇帝が地の文(一人称)で冷静に胸の描写をしている姿が笑いを誘ってきます。


あと、ゲーム内ではユニット詳細で『白の帝国と表記されていない人物』も帝国軍に所属しているので、
白の帝国編成で遊びたい方は読んでおくと楽しみが広がるかと思います。



なるべく地元にお金を落としたかったので書店で買いましたが、
置いてある店舗を見つけるまで結構苦労しました。

次からは即日買うか、アマゾンに頼ろうと思います。。。

   


ラピス様、描いたら出た(2017/4/6)

170406_2.png


皆のラピスチャレンジが見れるぞ! 

先日願掛けしたら結晶110個でお招きすることができました。
初ガチャからの累計で言うと300パリンは超えてるはず。

もう『おりゅ?www』させねぇからなぁ!

お詫びダンの結晶5個が激熱なので、
みなさまも絵を描いてガチャったらアイギス様が微笑んでくれるかも?

制作中のえっちなCG集が完成したら、
宣言通りこの絵を描き直すか、ラピルチでやらしーやつ描こうと思います。

クレーム対応事例/pixiv

aigis170330_1.jpg170406_2.png


pixivにこんな感じでラクガキとガチャ結果のキャプチャなどを一緒に投稿したら、
次のような指摘をいただきました。



aigis0417_1.jpg



この程度のことでアカウントが削除されるとは思いませんが、
pixivの利用規約を『文面どおりの解釈で厳密に遵守するユーザが一定多数存在する』のであれば、
ラクガキついでにゲームのキャプチャ画面をのっけるのは『アカンかもね』ってことで投稿した画像を削除しました。


『運営ではない、何の権限もない他ユーザの個人的な解釈と意見』に取り合った理由は、
今後起こり得るかもしれない同様の指摘に対応する手間を省くため。


著作権などの話を持ち出せばpixivユーザだけでなく、Twitterユーザ、
その他多くの日本国民がグレーゾーンに触れていると思われ、
遵守を強いるなら絵描き屋さんは二次創作なんてできなくなってしまいます。


著作権を親告罪としてある程度曖昧にしたままで日本社会が混乱しないのであれば、
この手の指摘に真面目に取り合う必要性はないと考えてますが、
pixivに投稿した内容はここに写せばそれですむので『投稿を削除』で対応。



◇反省点◇


『交流目的で~』のくだりは問いかける必要がなかったですね。
ない方がもっと話が簡潔になったから。

返信する前にコメントした方のプロフィール覧、投稿したイラスト、Twitterだったりをのぞいたりした結果、
『この手のユーザが質問に答えられるのかを、今後の作品制作に生かせると思って気になってしまった』
ところに油断があったように思います。


以上『自分が想う理想のpixivを他人に押し付ける系』のクレーム事例でしたー。

2年前、これが初イベで中級☆2でした

復刻されたピピンちゃんのイベントをクリアして感慨深かったので雑記。

aigis170409_1.png

当時はこのMAPの教団員に苦戦して終わってました。
ソーマちゃんの射程強化などで頑張ってたんだけど、全体的な育成不足を痛感した記憶があります。

それが今では緊急ミッション神級☆3クリアは当たり前のアイギス生活。
……強いイベユニ、ガチャユニがホント増えましたねw

そのぶん自分のプレイングよりも黒白ユニの力でクリアできてるMAPが多いので、
白以下、金以下と徐々に難易度あげてやり込みの領域に行きたいところ。

ランク200到達/ラピス様、描いたから出て

無課金(小説は買ってる)でようやくランク200到達。
2015年にピピンちゃんが登場したころに始めて現在2017年。

初MAP用編成もこんな感じで充実してモチベが高い今日このごろ。
千年戦争アイギス


残るストーリーミッションは二体の巨兵と湿地の激戦のみ。
ここをクリアして白、金、銀以下の世界に足を踏み入れたいところですね。


あと、今年中にラピス様を引いて『おりゅ?』されないようにしたい。
おりゃんので『描いたら出る』を信じてらくがき。


ラピス

出たら描き直して色塗り。
はやくラピルチ編成したい!


ラピルチダブル搾乳手コキ描きたい。

こいついつも神経疲労対策してんな(T_T)

 作業を続けていたら結局、
 両腕両足が疲れやすく痛みやすくなったので、
 『痛めないように作業を続ける』ことよりも、
 『必要な休息をいかにとるか?』を考え始めました。

 『休息』は生産性が落ちるから嫌いなのですが、
 『休息』を与えないように左腕、音声認識、両足を導入して作業を継続した結果、
 肉体がさらに痛んでどうしようもなく生産性が落ちているのが現状。


 『肉体がモチベに勝てない』というわけで休息を導入。
 具体的には腕を使わない時間を増やすということ。

 2017年は絵の生産性が落ちてしまいそうですが、
 音声認識や両足を使ってきた経験は活きるので、
 『絵の研究やイメージトレーニング、文章の作成など』で意識だけは高い状態を保とうと思います。


 『絵を描くための上手な休息の取り方』が見つかり次第、
 また追記したり新しい記事を書いたりしようと思います。
 


◇◇◇最近やったこと一覧◇◇◇
○筋力トレーニングの廃止
 痛んでいるのは神経なので、
 筋力を補強しても神経の痛みが解決するわけではなさそうでした。

 筋トレで神経が余計に痛むのもよくない。


○カルシウムの摂取
 うでの痛みは筋肉、骨、神経の大きく三つに分かれていると感じました。 
 このうち神経のみが痛んでて困っていたのですが、
 最近骨が痛んだので牛乳、チーズ、ヨーグルトなどと適度に戯れていました。

 あと、食品添加物が栄養の吸収効率を悪くするそうなので避ける方向で。

 
○『何もしない』をする
 動くことで電気信号が神経細胞を通って炎症を起こしていると思ったので、
 動かないことで自分からは神経細胞に刺激を与えない作戦。

 つまりは布団の中でえっちなイラストのイメージトレーニングしてるって話。
 骨の痛みはこれとカルシウムの摂取で解決しました。









流行に関わらない話

近年、一番流行ってる作品の二次創作には『売名』『金目当』『同人イナゴ』といった不快感が、
描く側にも見る側にもつきまといやすいと考えています。

投稿した後に『え、今これ世間的に流行ってんの!?』と気づいたら、
利用者数の多いpixivとニコニコ静画からは絵を削除するくらい気を使っています。

単純に『目につきすぎてうっとうしい』と自分が感じるので、
自分が嫌なことは他人にしないってやつです。

あと、本当に好きな作品の絵を描いてるのに『あらぬ誤解』を受けるのを避けたいっていうのもあります。


でも、二次創作で売名や金儲けをすることには反対ではなかったりします。
単純に『てっとり早く見て貰えたり、お金になるなら、他人の作品を道具として利用する方が効率がいい』という考え方は不景気であれば最適解にも思えます。


私はオリジナルでやっているキャラクター表現やえっちなCG集を突き詰めるうえで、
二次創作に頼りすぎない方が、金とか閲覧数に目が眩んで能力が雑魚死していくことがなく、
作品の質が高まる可能性が上がると考えているだけなので、
普通に楽しく、人とつながって創作活動をしたい場合は二次創作をむしろやるべきかと。


それとは別に、商業を目指している人は過酷な流行戦争の中で勝たなきゃいけないので、
オリジナルよりもはるかにきつい二次創作活動してそう……とも思ったりします。

浅い作曲の話

魔物退治RPGで使っているBGMはこんな感じでシンプルな作りです。

sk170203.png

○各キャラ専用BGMが欲しかった
○ゲームを作るまで作曲したことがなかった
○個人サークルなので自分で作る必要があった

と言うわけで、

○Aメロ、Bメロ、サビだけ作る
○一曲で使う楽器数は基本三つ
○使うコードは人気(?)の『F△7 G7 Em7 Am』のみ

みたいな感じでやること、学ぶことを絞りました。

で、ベースとかドラムは作曲講座に従えば何とかなったんですが、
メロディはやり方がたくさんあって困りました。


結果、画像のような感じで、
『左:リズムだけ先に決めて 右:音をずらす』方式を採用。ラク。

sk170203r_1.pngsk170203r_2.png


後は作曲しながらわからないことをその都度調べる。
これが一番大変。


以上、個人サークル勢は他の作業もあるので、
こんな感じで『作曲はシンプルにいくというのもありなんじゃないかなー』という話でした。

なんとなく晒したい気持ちになったので

170213otnp_1.png
170213otnp_2.png


 今一番欲しいのはラピス様。
 持っていた結晶は全て溶けました。引ける気がしない。

 ギャンブル依存症になるのが怖いので、
 無課金の掟を守り抜きたいところですがラピス様はアカンて。

 かわいいし、ゲームとして使ってみたい性能なのがホントずるい!

足でも色塗り作業が進められるぞぉ!

足でマウス操作編


腕の神経疲労対策を色々やってもまだ定期的に疲労がたまって痛むので、
色塗りの下準備を『足によるマウス操作』で行うことに挑戦しました。

20170116zk.jpg

こんな感じで大ざっぱに色を置いて、
左腕が使えるときにペンタブで修正を加える。

これにより左腕は『下地塗り、影やハイライトを置くという作業をすべて足に負担させる』
ことになり疲労を避けることができます。

加えて10分ごとに『右腕→ 左腕 → 足 → 右腕』
といった作業の切り替えを設けました。


両腕に毎回20分の休息を与えられるのがポイント。


『右腕 → 休憩 → 右腕』や『右腕 →左腕→ 右腕』
といったパターンでは神経疲労対策として浅かったので、
これでうまいこといってほしいですね。


ただ、頭の切り替えがめんどくさい!





追記/足でペンタブ操作編/


腕が痛むたびに数週間~1か月分の作業が遅れる屈辱を回避するべく、
新たに『足でペンタブを操作する』ことに挑戦。

○足の親指と人さし指のあいだにペンを挟む。
○かかとを軸にしてペンを左右に引く。

これにより、『髪を塗る、色をぼかす』などの色塗りの作業が若干進められることがわかりました。
練習と実践を続けてまた何か発見があったら追記します。

月額固定費を削ったら陵辱モチベが捗った

携帯電話

スマートフォンを解約して早数年、
初めて「マジ?」ってなったので思わず雑記。


「月額固定費を削る」というのにハマっていた時期がありまして、

 スマートフォンの解約。約6000円
 冷房、暖房の使用禁止。約2500円
 ニコニコ動画のプレミアム会員をやめる。約500円

みたいな感じで生活費を削って日々を過ごしていました。


それがまさか、認証が『携帯の電話番号』でなければならないなんて……。
生活に直結するところで携帯必須なんてことにならないことを祈るばかりです。




ちなみに、月額固定費を削る目的は『消費税増税』と『年金保険料増額』への対策でした。


増税は増額されたぶんだけものを買わなければ済みますが、
年金は強制徴収で、制度を維持するために増額され続けると予測されます。

せめて景気が回復すればよいのですが、
消費税8%増税でそれが期待できない状況が続くと想定せざるを得なくなりました。


それなら、年金の未納率が高くなってるらしいので、
いっそ払わない方が得だと考えてしまうところですが、
政府には徴税という必殺技があるので、
払っておいた方が最終的な損失を抑えることができる気がします。



で、まじめに払う場合、
損失を抑えることができても『得をすることができない』ので、
月額固定費を削るという方法で、
将来の損失を最大限緩和するというのを実践してました。


加えて恋愛、結婚、車、ローン、外で遊ぶ、酒、人付き合いなど、
人生で1000円以上お金のかかる物事を可能な限り避ける方向で生活してみた結果、
作業に費やせる時間が増えてモチベーションが高くなったので、
何かに夢中になってるときはいろいろ削ると捗るのかもしれません。



※えっちなCG集の半額キャンペーンなどを実施できるのも、
スマートフォンなどの解約で私自身の生活コストが低いからできることだったりします。

可能な限りお求めやすくしたいのですが、
消費税10%が予定通り実施された場合、
個人消費がさらに落ち込んで価格を下げても今まで以上に意味がなくなると想定しています。

私自身で削れるものももうないので、
その時は作品の質や量を向上させることで、
価格以上の価値を見い出して貰えるよう頑張ります。



そんな飢えるのに最適な環境が、凌辱を捗らせるんだよなぁ!?



足でマウス操作ができるんじゃないか説

今まで右腕の負担を減らすために、
左腕にマウス操作や一部のイラスト作業、作曲などを任せていました。


2016年に入って腕が作業の負荷に耐えられない状況が増えてきたので、
足でのマウス操作をできるようにならざるを得なくなりました。


いろいろ試した結果、
椅子に座った状態での操作なら何とかなると感じました。
zk20161112.jpg



写真のような配置で、左足がマウス操作、
右にフットスイッチを置いて、左右のクリックとスペース(下スクロール)。


これでブラウザやフォルダ操作は何とかなります。
shadowverseのようなゲームも足マウスで遊ぶことができました。


ただ、足に細かな力を入れることが求められるので、
慣れないうちは筋肉に疲れを感じました。


少し慣れた段階で、ペン入れ操作(簡易)や作曲作業ができるようになったので、
上達すれば左腕の負担を大幅に減らせそうです。


そんなわけで、腕の神経疲労対策として『足でのマウス操作』に可能性を感じました!
音声認識と組み合わせて作業するとさらに腕の負担を減らせるので参考にしていただければ!


カラダがモチベについて来なくて困ってる人は多いと思いますが、
お互い頑張っていきましょー(>_<)



※机をもっていないので押し入れを机がわりにして、
 テーブルを逆さにして毛布などで高さ調整。
 椅子には座布団を巻き付けて腰と背中を痛めないようにしています。

 使ってるフットスイッチはこれ。




2016/12 追記


 1か月ほど練習した結果、足でのマウス操作は「あり」です!
 両腕の負担が大幅に減って、作業効率が劇的に改善されました。
 
 ただ、それでも長い時間描いているとやっぱり腕の神経に疲労がたまっていくことに変わりはないので、
 現在グリップやダンベルによる腕の筋力強化に挑戦しています。

 『毎日やってるウォーキングのおかげか、足でのマウス操作で神経が疲労することがない』ので、
 筋肉をつければ腕の神経疲労を抑えられるのではないかと予測しています。

 加えて食事の量を増やしました。
 恥ずかしながら細腕なので、肉と脂肪をつけて、
 それが腕の神経疲労対策として効果が出ることを期待するばかりです。

二次創作のリスクについて

例えば以下のようなことが起こった時、

content_dlsite.png

販売中の作品で利益を得ることができなくなります。


公式に二次創作ガイドラインのようなものがある場合は販売停止になりにくいとは思いますが、
合法と言い張れない作品作りは危ういと感じさせられます。


加えて2016/10月現在、日本はTPP(著作権の非親告罪化が含まれてるやつ)を早期に妥結しようとしていて、
アメリカは大統領選挙後に再交渉をするとかなんとかで荒れてます。


TPPは2011年頃から長引いている議題ですが、
分野が多すぎるせいか、著作権の非親告罪化について国会で議論が尽くされてないように感じます。


海賊版DVDなどへの対策として著作権を改正するという話は耳にしても、
具体的な賠償がどうなるのかといった話は聞かないような気がします。


著作権の非親告罪化について「二次創作に影響はない」との答弁がなされていますが、
「実際にどうなるのか?」と考えると不安を拭うことはできません。

※参考:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/11/news087.html


TPPに関して、2016/10月現在の国会中継では農業、自動車に関する質疑が中心であるように見受けられました。
私の見ていないところで著作権の議論も進んでいることを願うばかりですが、
それが二次創作にとって良い方向に進むとは限りません。



で、こういうことを考えたり調べたりするのはめんどくさいし時間がもったいないので、
「じゃあオリジナルでいくぜ!」というのか私がやってる対策です。


無料の二次創作作品なら違法性が低いので「おっけー」と思いましたが、
オリジナルを育てるのに必要な労力が莫大なので、
ごくまれにしか扱わなくなりました。


この立ち回りを選ぶ人が増えてしまうと、
商業作品一個あたりの寿命が短くなって盛り上がりに欠けるので、
二次創作の違法性が適度に薄まる方向に舵が切られることを祈るばかりです。


私だって「超次元ゲイムネプテューヌ」のえっちなCG集とか作りたいよ(T T)

ペンタブを寿命まで使うとこうなる

8年ぐらい使ったペンタブレットさんがお亡くなりになりました。

content_DSC_0003.jpg

指が当たるとこのゴムがなかったり、塗装がはげてヒビが入ってたり、
芯が削れてとがっていたりと……かなり傷んでいます。


そしてついに2016年10月、
筆圧を感知しなくなって線を引くことができなくなりました。


今までに描いてきたイラストを見直してみると、
このペンタブと一緒に成長してきたんだなぁと感じます。


次のペンタブさんとは過去8年以上の成長を目指しますので、
クオリティとシコリティの両方にご期待くださいませ!



ちなみに新しいペンタブレットはこちら。

選んだ理由は『必要最低限の機能がそろっていて価格がお手ごろだった』から。
上部のショートカットキーがない代わりに価格がさらに2000円くらい安かったらなお嬉しかった。

でも描き心地がすごぶる良いので結局大満足。

四択対戦ゲームの設計について

起動→最速メニュー画面。二回目の起動からは自分のメインキャラが表示される


 『OP』や『スタート画面』をカットすることで効率良く遊べるようにしています。
 自分が遊ぶ時にも無駄な手間と時間を削りたいため、とてもお気に入りの仕様。

 同じように対戦終了からの再戦もすぐにできるようにしています。



CPU戦/対人戦/ネット対戦


 現状は『一人用を充実させる目的』でCPU戦をメインに制作しています。

 対人戦やネット対戦はいまのところおまけとして用意している程度。
 人口が増えたら気を配るかも。



1ターン15秒にしている理由


 即断即決で自分の読み合いと心中しよぉ……(ねっとり)。

 『与えられた時間で何を考えるか? 画面のどこを見るか?』
 というのはプレイヤーの個性が出る部分でもあります。

 私は初手で相手キャラの敏捷値を確認してたりします。
 覚えてるときはおっぱいを見て和んでます。



1戦最大9ターン。最速1ターンになることも?


 対戦ゲームとしてお手軽なものにしたかったための仕様。

 その反面、20分くらいで飽きちゃうようなシンプルさではありますが、
 ちょっとした息抜きで気軽に対戦を楽しみたい人にはオススメ。



覚えることが少ない


 1キャラあたりの技数を4つにすることで、
 自分と相手のキャラ性能をささっと把握できるようにするのが狙いです。

 詳細データ→CPUの戦略のところには色々と書いていますが、
 あれはあくまで『こういう考え方で技を選ぶことも出来るよ』って話でしかないので、
 自由きままに、自分の考え方と理屈で技を選んでいこう!



技のアニメーションは15F以内(1F=1/60秒)


 技の演出が長いと遊んでで萎えるので、技演出は15F以内を目安にしています。
 一部演出が21Fになっているものがあるので、今後の更新で演出の最適化を目指します。



専用の戦闘BGMは『Aメロ、Bメロ、サビでループ』


 1戦が短いことと、音データが容量を食うこと、私がラクをしたいことから、
 オリジナルBGMは全て『Aメロ、Bメロ、サビ』というシンプルな作りにしています。



操作は十字キー、決定、キャンセルの三種類のみ


 ファミリーコンピュータのようなカンタン操作で表現できる遊びに無限の可能性を感じているからこその仕様。
 最低限にして最大級の機能美に心が痺れるんですよね。

 どのボタンで何ができるかを手早く理解できるのも利点。



RPGツクールVXAceで制作している理由は多くの環境でゲームが動作するから


 多くの環境で動くというのはとても大事なことだと考えてます。
 ちょっと古いPCにも優しいのがツクールのいいところ!