魔物退治業とは

パーティ編成や隊列の並び順を考えて戦うゲーム/画像をクリックで次の画像へ


 レベルや装備品といった要素がないため、戦略のセンスが試される!
 ターンごとに与えられるMPを上手く運用して戦おう!


出来事/時系列

◇◇◇目次◇◇◇


◇回想
◇十六年前~二年前
◇二年前
◇人生謳歌編(日常回。基本コレ)
◇存在惨禍編
◇異常性欲編
◇人輝崇拝編



回想(過去であるがいつかはわからない)



◇◇◇『---』◇◇◇
 春魂ではないどこかの世界にて天海春香はアイドルマスターになる。
 が、トップアイドルになる過程で利用した『閣下』という人格像を嫌悪し、憎悪を抱く。

 その常軌を逸した憎悪により、天海春香は超常の能力を得る機会に巡り合う。
 その能力があれば『あらゆる世界を移動して閣下を殺すことが可能』になる。

 天海春香は『閣下を殺す』選択肢を選ぶ。

 その瞬間、天海春香は天海春香であることを辞め、『---』という記号で自らを定義するようになった。



◇関連話◇
春魂-回想① 立ち位置を踏み違えてでも譲れない想いがある
春魂-回想② 理想を追う人間は我慢強い
春魂-回想③ 支えのない人間は壊れやすい
春魂-回想④ どんな理由があっても自己中は自己中


目次へ


十六年前~二年前



◇◇◇如月千早◇◇◇
 千早は弟とムオル近辺の森林地帯で遊んでいた。
 運悪く二人は魔物に遭遇してしまう。

 千早は逃げ延びたが、弟は魔物に殺されてしまう。
 事故として扱われたが、家庭は崩壊し、千早は居場所を失った。

 千早は故郷であるムオルを出て、世界を放浪し、テドンという村に辿りつく。


◇◇◇テドン村◇◇◇
 如月千早はテドン村の住人、天海春香と星井美希に出会い、二人にせがまれてテドンで暮らすことになる。


目次へ



二年前



◇◇◇テドン村襲撃事件◇◇◇
 ポルトガ領であるテドン村が魔物により襲撃される。
 『テドン村の領有権を主張しているランシール』が事件の主導者とされているが、ランシールは一切の関与を否定している。

 結果、テドン村は滅びたが、天海春香、如月千早、星井美希は生き延びた。



◇関連話(各動画の開始数分)◇
春魂 仕事選びは慎重に 【人輝崇拝①】
春魂 仏の顔も三度まで 【人輝崇拝②】
春魂 平和脳が誰かを殺す 【人輝崇拝③】
春魂 当事者は傍観者に責められる 【人輝崇拝④】


目次へ



◇◇◇アリアハン◇◇◇
 生き延びた春香、千早、美希は高木と音無小鳥が経営する万事屋765のお世話になる。


◇◇◇閣下◇◇◇
 閣下は天海春香が生まれた瞬間から、第二人格として春香の内側にずっといた。
 十四年間、誰と話すこともできず、誰にも存在していることを知られず、テドン村が襲撃されている時も、その光景をただ見ていることしかできなかった。

 しかしアリアハンにて、ほんの一瞬、春香の第二人格として『表』に出ることができるようになる。
 それは『---』が『閣下だけを殺す』ために起こした現象だった。天海春香の内側奥深くにいた閣下の心象世界に入るために、閣下の心象を『表側に引き寄せた』のである。

 『---』は『天海春香を殺さずに閣下だけを殺す』ために、閣下の心象世界に入り、閣下を殺そうと試みる。
 だが、春閣下の心象世界が想像以上に強固に出来ており、『---』は閣下を殺しきれずに、逆に閣下の心象世界にて倒されてしまう。

 生き延びた閣下の心象は天海春香の表面に近い位置に残り、その結果、天海春香の第二人格として『表』に出られるようになる。



目次へ



人生謳歌編


 ――人生謳歌
 それはシナリオというシナリオのない、平和な日常回。






目次へ



存在惨禍編


 天海春香の第二人格である春閣下。

 オリジナルではない閣下は『―――』に存在を否定される。
 閣下は『―――』の憎悪に対し、自らの存在を肯定したいと願う。
 快活な気持ちで生きていこうと思い至る。

 結果、喝采されるべき人生を快活に過ごすための思想『存在賛歌/人生謳歌』に至り、創作する。



◇関連話◇
春魂 夜は独り言が多くなる
春魂 春香と閣下は別の人
春魂 迷わない事もひとつの強さ
春魂 如何なる時でも相変わらずの人間がいる
春魂 立ち位置を踏み違えてでも譲れない想いがある
春魂 理想を追う人間は我慢強い
春魂 支えのない人間は壊れやすい
春魂 どんな理由があっても自己中は自己中
春魂 捻くれ者は落ち込まない
春魂 退院後はちやほやされたい
春魂 誰かが戦ってるときに誰かは自慰してる
春魂 理不尽はまかり通る 【存在惨禍①】
春魂 目的を『達成』すればいい人間に正攻法は通じない【存在惨禍②】
春魂 哲学は暇人の思考遊戯 【存在惨禍③】
春魂 人、快活であるべし 【存在惨禍④】
春魂 技術の習得はコピペから始まる【存在惨禍⑤-1】
春魂 無知は無能【存在惨禍⑤-2】
春魂 存在を賛歌せよ【存在惨禍⑤-3】


目次へ



◇◇◇異常性欲編◇◇◇


 悪徳又一は如月千早に惚れ込んだ。
 愛した少女はトラウマを抱えていた。

 悪徳はそのトラウマをいじり返すことにより、如月千早を苦しめ辱めようと試みる。
 『弟のためにも幸せでなければならない』と誓った如月千早は、幸せを求めることに対して冷酷である。

 その冷酷さに、悪徳又一は足を踏み入れる。



◇関連話◇
春魂 人は何かを捨て続ける
春魂 働かない奴にはマホトーン
春魂 外面と内面は一致しない
春魂 見た目は誤解を招きやすい
春魂 寝ている女の子にイタズラする女の子がいる
春魂 初対面は丁寧に
春魂 幸運の女神はイジワル
春魂 うp主失踪シリーズタグがつく前にうpできないと凹む
春魂 動画が二周年になって一番驚いてるのはうp主【異常性欲①】
春魂 スペックの高いHENTAIは迷惑【異常性欲②】
春魂 外道は残虐な気質を持つ【異常性欲③】
春魂 単位面積あたりにかかる力を圧力という【異常性欲④】
春魂 語尾の「ょ」はイラッとくる【異常性欲⑤】


目次へ



◇◇◇人輝崇拝編◇◇◇



 =====星井美希=====

 二年前、星井美希はアイドルを目指していた。
 しかし、テドン村襲撃事件以降、アイドルになる気がなくなった。
 日々を怠惰に過ごすようになった。
 恩師であるオルテガが亡くなったせいか、テドン村が滅ぼされたせいか、『悪/敵』に対して容赦がなくなった。

 星井美希はテドン村襲撃事件の被害者だが、『決して被害者を気取らない』と誓っている。
 だからこそ崩れることのない笑顔を持って、日々を過ごす。
 敵を殺すときですら、少女は笑う。



 =====善永記者=====

 善永記者は輝く人間を求めていた。
 輝く者を応援する『記者としての喜び』に飢えていた。
 一人二人の輝きでは物足りない、人類全体が輝いてないと善永は満足できない。
 

 その欲求を満たすためには『人類が社会問題の絶滅や日常生活の進化を求める/他人のことを考えながら平穏に生きる』ことが必要だと考える。

 善永記者は具体的な行動として、『現存する社会問題を悪化させ、ニュースで扱われる規模の事件を起こすこと』を娯楽として行っている。

 結果として人が社会問題の改善に目覚めれば嬉しいし、そうならなくても善永自身は困らない。社会問題を悪化させることでお金を儲けているので何の問題もないのだ。



◇関連話◇
春魂 就職は運 【人事狩り_前編】
春魂 「だから?」と言われたら結構困る 【人事狩り_後編】
春魂 仕事選びは慎重に 【人輝崇拝①】
春魂 仏の顔も三度まで 【人輝崇拝②】
春魂 平和脳が誰かを殺す 【人輝崇拝③】
春魂 当事者は傍観者に責められる 【人輝崇拝④】
春魂 やったらやりかえされる 【人輝崇拝⑤】
春魂 初志は純粋で尊い 【人輝崇拝⑥】
春魂 優勢に奢ることなかれ 【人輝崇拝⑦】
春魂 自ら望んで輝くべし 【人輝崇拝⑧】




目次へ


春魂の世界観について

設定などの簡素化

◇◇◇2008~2013まで◇◇◇
 ・アイマス×銀魂×ドラクエⅢの要素を含んだ二次創作として動画、イラスト、ゲームを制作。
 ・動画は10分越えや長編を複数制作。
 ・細かい設定がそこそこあった。
 ・一部キャラクターの性格が原作とかけ離れ過ぎていた。
 ・初期は下ネタが多々ある。中期以降、徐々に減少。


◇◇◇2014/1~2014/9まで◇◇◇
 ・銀魂の要素を『万事屋設定』のみ残し、衣装をアイドルマスターの公式に準拠したものに変更。
 ・DQⅢの世界観を引用→ファンタジーの世界観に徐々に移行。
 ・動画は3分程度の短編を中心に制作。
 ・設定などは動画内であまり掘り下げない、忘れても良いレベルに抽象化、簡略化。
 ・キャラクターの性格をできるだけ原作に近づけるようにじわじわと修正。


◇◇◇2014/10~◇◇◇
 ・テキスト表現に関して『短編3分をさらに凝縮して単発の会話とかネタ発言などの10秒程度で消費し終わる』ものが良いという考えに至ったので『ニコニコ動画:novelsm@ster』の投稿を終了してイラストやゲームを中心に制作。 
 ・世界観を甘く優しい感じに修正中。
 ・悪意が強いのはオリジナルの方へお引越し。



ねらいと目的


・『面白さ』や『本質』を凝縮した作品作りをする。
・表現における効率と実用性の追求を行う。
・個人制作だからこそできることがまだまだたくさんあるので、色々試したい。

リメイク版春魂2話 みんなのステータス







「千早は結構つよい」









リメイク版『春魂』について!

リメイク版春魂とは


 2013年以降の春魂は『快活』を創作上の前提に置いて制作されています。
 
 『よし、過去作品を快活にバージョンアップしてみよう!』

 ということで、ときたま動画投稿しているのがリメイク版春魂。
 リメイク前よりも遥かに『快活』に創り直された春魂をお楽しみ頂けたらと思います。



 

ゆっくりはるかっかなう!

ゆっくり実況挑戦中!



hutu1.png





  見てね!!!









Q:騒音で困ってるんだけど、どうしたらいい?

ka_huhu12.jpg




  A:思いつくぶんだけ解決方法を提案してみるわ。